読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エナカのかなで

アイアム35歳。お年頃な自分と世界の観察日記。失敗日記。

ひーひースピ修行

劇的ブロークンハート時


恋とともに、

あたいの夢も叶うんじゃね? 

とあわよくばな妄想と期待が裏切られ


今まで掲げてた信念も指針も


ぜんぶ✖︎でしたー!!


って言われたような無力感に襲われた。


あたしって一体?と


ずっと読んでた自己啓発本やスピリチュアル本に答えを求め


色んな作家の人の講演会ににいったりした。


虚ろげな自分ながら、


「もうこんな思いはしたくない!」


との思いはかなり高まっており


『心のブロックや過去のトラウマが願い事成就の妨げになってる場合が多いんですよ』


っていう見解に、


「はっ!もしかして、なんかうまいこといかなかった恋愛やどっかでブレーキかけてるような心とか生きにくさが解決したら、色んなこと叶うかも」


一筋の光明を見出し、個別カウンセリングうけることにした。


初カウンセリング前。


メールが来ており

【問題と思っていること、これからの願いは何ですか?】とのこと。


うんうん悩みながら書き出した。


人間心理は面白いもんで


一回失った恋愛のことは、触れられたくない傷っていうか


もう触れずに、とにかく楽になりたいっていうか


立派に夢叶えて、相手なんかどーでもいいってなる!と


自転車操業なお金のこと、なんか大きいガツンとしたことしたいっていうような夢とか自分の遠慮グセとか罪悪感など書いて返信した。


初回カウンセリングは
遠慮グセの原因とか、過去のトラウマ的なものが探しだされ、進んだ。

『だったら本格的に願い叶えよう!』と6回コースを勧められた。


迷っている私に、


『もうすぐ決めないと、ドンドン願い叶えられなくなるから、決めるなら一週間ぐらいで決断して』

と言われ、


帰り道、自動改札でどんどん人が先に通っていったりする景色を眺めながら


「誰かに追い抜かれたりするのは、沢山、もう決めるゾ!」


とドリームプロジェクトと名を打った約半年のレッスン開始。

ここから、あたいのスピ修行が始まった。


事前に書いた願いを元に、一回一回のカウンセリング受けたり、行動課題を出されて次回までにやってくる、願望成就のための知識や土台づくりのテキスト配られ、自習も言い渡された。


そんなあたしの毎回レッスンに行くときの思いはこうだ!  

 ↓↓↓


★あー先生めっちゃこわい

★カウンセリングって今度何つつかれんだろ?

★っていうかテキストいつどーやって進めていいか分からん、、

★行動課題ってやってはみたものの、全然合わないかも、、めっちゃキツいぃ( ;∀;)

★そもそも先生ほんとにあたしの為を思ってるのかな?あたしの話聞いてくれてない気もする

★なんかデカイ夢書いちゃったけど、今更変更とか見直しは、無しか?!


など。


しかし毎回何か怒られてるような気分の中、『とにかく実践あるのみ。結果だすのよぉ!』と叱咤激励を受け、


笑顔、ハッピーな波動、自覚してないトラウマの解消、前向きな行動、願いを堂々と表に出す、、など課題をこなしてみる。


ハ、ハードゥ。。


テキストも、どーしたもんか分からず、チラっと開いて1項目目しか進んでないことを3回目のレッスンで言ったら、激烈大目玉な怒りをくらった。


ただでさえ、先生の威圧感に押されていた私は、その後の優しいフォローも、また怒られるんじゃ?!と

ビクビクビックルな状態になってしまった。


それでも「とにかく抜け出す!」という意志(意地?)の下 


ガンバってレッスン以外にも先生のセミナー受けてみたり、

なるべく笑顔を絶やさずに気品高く

いいイメージを持ってみたり(もう成功者のイメージ♪)、

自分をアピールするべくフェイスブック始めてみた。


やってることは間違ってない、

と思っていた。


でもやっぱり正直な思い(つらい、ウソくさいって感じる、そもそも先生と生徒って絶対的な服従関係なのか?)があった。


…いやいや、それ言ったらシャレにならん!

と先生の怒りを恐れ、何かしがみつく感じもあり、

静かに言われた通り従った。


根っからのアマノジャクな心や


まだ行動はこわいのよォオっていう本音が


置き去りのまま


先生を満足させるいい結果(何か評価されるとか、何かいいことあったとか)を出すことが、いつの間にか当面の目的に変わっていっていた。(ありゃ)


実際に毎回報告するときも、何らかのいい事を見つけて言っていて(おふっ)

半年後のレッスン最後のとき、


『今が変わりどき!このまま戻ったらもったいないから延長しなさいよ。いまなら、受けただけで◯◯の資格もつけるから★』


と言われ


精も魂もドリームプロジェクトのローンもお支払い中でお金もギリギリなあたしは、何とか正直に


「お金払うのもキツくて、自分でがんばってみます(^^;)」←自転車操業変わっとらんやん、爆


と断わった。


『自己評価が低いのね(だからお金がカツカツ)。もったない。まあこれからも私とつながってなんかチャンスつかみなさい』


との言葉をもらい、


少しの解放感と、

結局終わらせられなかったテキストへの罪悪感や

何かしらの結果や解決が見出せなかったことへの挫折感

何だったっんだろ?と、消化しきれない気持ちのままレッスンを終えた。


実際、レッスンで成果を出す人もいるようだ。(セミナーは盛況で体験談を見たりした)


ものすごい法外な料金な訳ではないと思う。(明確な料金表じゃなくて、言い値?みたいな疑問はあり)


服従関係?!って自分を追い込まず、先生にフツーに疑問ぶつけてみることも出来たかなと思う。

(↑ここにはあたいの思い込みも隠されてた)


ただ、焦って、自分じゃないものになろうとしたり


いま現在の気持ちから離れてるものを無理に手に入れようとしたりは


得てして上手くいかないってことを知るきっかけとなった。


闇から抜け出すべく、奮闘した結果、また深い闇に足を踏み入れたあたいの運命よ如何に。


また次回、よろしくね。